ニュース | NADELL Wedding Dress ナデル・ウェディングドレス

 

初めてのお打ち合わせで、お母様のウェディングドレスを持ち込み頂いた花嫁さま。お母様も一緒に来店され、このドレスを活かしてウェディングドレスを製作して欲しいというお話でした。

アトリエブランドのNADELL weddingには、大切しいているドレスやお着物の生地を活かし製作するフルオーダードレスのご希望の方が多くいらっしゃいます。京都にアトリエを構える私たちは、花嫁さまのご希望を細かく伺いながら、ドレスデザインから製作に取り掛かります。

 

 

今回はお母様のドレスからレース部分を丁寧にひとつひとつ手仕事で切り取るところからスタート。世界に一着しかない、お母様のドレスにハサミを入れるアトリエスタッフの手は震えます。時間の経過と共に劣化の激しい箇所などを避けながら慎重に行います。

 

デザイナーが花嫁様のイメージとお母様のドレスに合わせインスピレーションで描いたデザイン画を元にドレスパターンの製作が進められます。

 

 

美しいデコルテをお持ちの花嫁さま。その魅力を引き出すビスチェタイプのドレスを製作することに。胸元はシンプルにまとめ、スカートの裾にはお母様のドレスから切り取った大きなレースを施していきます。華やかなシルクレースは、ドレスに華を添えます。

 

 

やり直しのきかない生地のため、慎重に組み合わせを検討していきながら花嫁さまと一緒に生地やレース選びを行います。そんな夢のような贅沢な時間を楽しんでいただけるのもフルオーダーの魅力。

 

 

ドレスの土台を製作し、仮フィッテングの日を迎えます。全てのバランスを整えながら、最終の手仕事を検討します。最終仕上げを京都のアトリエで行い、式を待つドレス達。

 

 

太陽の光の下で輝く花嫁さまとドレス。お母様の愛情が受け継がれた世界にひとつだけのドレスが旅立っていきます。

思い入れのある素材を活かしたドレスは、「生まれた命を余さず生かしていく」そんなナデルの精神にも通づること。愛着のあるものを形を変えながら慈しむ。そんなエシカルドレスをお届けします。

 

NADELL wedding